働く人の雇用、労働、生活をより良く 郵政事業の強化・発展を通じて国民生活を豊かに

 

私の政治理念は「絆の再生」です。

人と人との絆、人と地域の絆、人と社会との絆が大切にされ、育まれる共生社会の実現を目指します。

国民一人一人の「想い」、そして「心」を国政に届けるために、政治家として全身全霊を尽くしてまいります。

私の行動の原点は「現場」にあります。地域、職場の声を国政に届けることが政治の役割・使命です。まさに「現場に神宿る」の精神であり、私はその実践として可能な限り全国をくまなく廻って、そこで働き、暮らす方々とふれあい、語り合っていきます。

 

 

 

なんば奨二の主張

 

 

 

なんば奨二の言わせてください

 

気持ち新たに、任期後半も全力で

2019年9月11日

7月の参議院選挙も終了し、私の任期も後半に入ることになりますが、気持ちも新たに、ご支援をいただいております皆さんのご期待に沿うべく、頑張って参る所存です。

先の選挙によって、小沢雅仁参議院議員が誕生しました。厳しい選挙戦を勝ち抜いた自信と今までの労働運動の経験を活かした活動に期待しています。ご支援を賜りました全ての皆さんに私からも御礼を申し上げる次第です。

さて、国政を見れば第4次安倍再改造内閣が誕生して、戦後最長の政権が継続することになります。安定を志向する国民世論をバックにいよいよ自民党の党是である憲法改正の動きが強まることが想定され、野党勢力をしっかりと結集し、平和と民主主義を守る土台づくりへと繋げていく必要があります。この間「一強多弱」と揶揄されてきた国会ですが、臨時国会に向けて立憲民主党、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議(衆のみ)、社民党(参のみ)との共同会派結成の動きを契機に、政権交代が可能だと評価される政界再編となることを望んでいます。

郵政に目を転じれば「かんぽ営業不正問題」が表面化し、極めて深刻な事態が生じています。郵便局ブランドである「信頼」の失墜は経営の根幹を揺るがすものであり、株価下落は企業価値の損失を意味します。事後対処を如何に行うかが問われており、契約者をはじめ、国民と市場、現場の理解と納得が得られる結論が導かれる労使の真剣な議論が求められています。私自身も、郵政事業の再生に向け、任期後半の最大テーマと位置づけて取り組んで参ります。



 

 

 

 



Twitterでつながる

Facebookでつながる



人、地域、社会 絆の再生

なんば奨二オフィシャルサイト Copyright(c) 2013.Namba Shoji .All Rights Reserved.