3. 社会的格差の是正と地域主権の確立

社会保障について「給付は重く、負担は軽くというわけにはいかない」と言った小泉首相の時代から、ごく少数の富裕層と大多数の貧困層への分化が著しくなり、「格差社会」が問題になっています。まじめに働いていても報われない現実の中で、人々の不満は高まり、社会不安は一層深刻化しています。

所得格差や地域格差などを是正し、社会的弱者への自立支援とセーフティネットの拡充など、格差社会の是正に全力を挙げます。

また、民主党政権時の最優先政策である地域主権改革を推し進め、地域のことは地域に住む住民が責任を持って決めることのできる活気に満ちた地域社会の実現に力を尽くします。