更新

5.12

火曜日

国政・国会

「全国の仲間は、必要不可欠な社会の担い手」

2020年5月12日

  例年と違うゴールデンウィークが終わりました。4月7日に発出された「緊急事態宣言」は、5月14日に一部地域で解除の動きはありつつも、都道府県によっては今月末まで継続することになります。引き続き終息に向けて自制が求められますが、これまでの日常生活の“有り難さ”を再認識する良き時間と納得しながら、お互いにこの後の日々を過ごして参りましょう。

 人生はよく「竹の節」に喩えられますが、私自身が振り返って、1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災、そして今回の新型コロナウイルス感染症は、多くの教訓と人生観に変化を与えました。苦難の経験が人間の成長に繋がることを、忘れかけてきた頃に教えてくれているのかも知れません。

 また改めて認識したのは、私が支援いただいている全国の働く仲間は、社会と国民生活にとって「必要不可欠な担い手」だということです。そのことは私の誇りであり、素晴らしい仲間に感謝するところです。

 今国会も終盤を迎えますが、「企業倒産を防ぎ」「雇用を守り」「生計を維持する」ことがコロナ対策おいて政治に求められている事だとの重要性を認識して国会活動に臨んでまいります。

«  | 

 

 



Twitterでつながる

Facebookでつながる



人、地域、社会 絆の再生

なんば奨二オフィシャルサイト Copyright(c) 2013.Namba Shoji .All Rights Reserved.