更新

4.30

木曜日

連合・労働運動

特定秘密保護法案の撤回を ~連合緊急院内集会

2013年12月2日

P1020760_R

 12月2日、特定秘密保護法案の徹底・慎重な審議を求める連合の緊急院内集会が急遽開催されました。

 特定秘密保護法案は、先週衆議院で強行採決され、参議院に送付されてきましたが、指揮命令権のある官房長官を委員会に呼ばなかったり、野党理事間の協議を行っている最中に委員会を開会したりと、委員長職権の濫用も甚だしく、まっとうな議論を行う気がないとしか思えません。

 そんな混乱状態の国会に毅然と立ち向かっていくため、本日の集会には、民主党から大畠幹事長をはじめ、多くの仲間の議員が駆けつけました。大畠幹事長、および、特定秘密保護法案を審議している国家安全保障特別委員会の福山筆頭理事が、本法案については撤回または廃案こそが国民の声に応える道であると強く訴えました。

 国民のために議論を尽くすことこそが参議院に課せられた使命です。最も重要なことは、国民の不安・懸念を払拭することであり、今臨時国会中の成立ありきの強引な運営を行い、審議もそこそこに、数の力に任せて採決に持ち込むようなことがあっては、国会として未来に対する責任を果たすことは決してできません。私たち民主党は連合の仲間とともに、最後までたたかい続けます。

«  |  »

 

 



Twitterでつながる

Facebookでつながる



人、地域、社会 絆の再生

なんば奨二オフィシャルサイト Copyright(c) 2013.Namba Shoji .All Rights Reserved.